【女性】infact® KIPスカルプヘアエッセンスステム+

監修医師

聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎

聖心美容クリニック
鎌倉 達郎 統括院長

プロフィールを見る
資格/所属
  • 日本美容外科学会(JSAS)理事長
  • 公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授
  • 一般社団法人日本ルックスケア医学会 副理事長
  • 公益社団法人国際化粧療法協会 理事
  • 第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
  • IMCAS World Scientific Committee 2017,board member
  • IMCAS ASIA 2015,2016 Scientific board member
  • IMCAS ASIA 2010 Faculty
  • AMWC JAPAN 2022 Advisory board member
  • 日本美容外科学会(JSAS)専門医
  • 日本美容外科学会(JSAS)正会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本外科学会会員
  • 日本美容外科医師会会員
  • 日本先進医療医師会会員
  • 日本再生医療学会 再生医療認定医
  • 日本外科学会認定医
  • INAMED ACADEMY認定医
  • Corneal社公式認定医(日本第1号)
  • オバジスキントランスフォーメーション認定医
  • マクロレーン™認定医
  • レスチレン認定医
  • 日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
  • ミラドライ認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボラックスXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボライトXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医
  • ボトックスビスタ認定医
経歴
1989年
宮崎医科大学医学部卒業 九州大学生体防御医学研究所附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務
1990年
九州大学医学部附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務 その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任
2000年
優れた実績を評価され聖心美容外科に招聘 東京院副院長就任
2001年
福岡院院長就任
2003年
聖心美容外科東京院院長就任
2004年
聖心美容外科統括院長就任
2015年
第104回日本美容外科学会会長に就任
2017年
公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授に就任

 

発毛促進に必要な成長因子「KGF」を高濃度配合した「頭皮の美容液」です。成長因子をはじめとする各種有効成分をバランス良く配合。
女性に起こる薄毛や抜け毛などの髪トラブルを防いで、毛髪にハリ・コシを与えます。

 

他の育毛剤とはココが違う!
KIPスカルプヘアエッセンスの特長

 

毛髪再生に最も重要な成長因子「KGF」を高配合

KGF(毛母細胞成長因子。別名ヒトオリゴペプチド-5、FGF-7)は、毛根部分(毛乳頭)でも産生されているグロースファクター(成長因子)です。

ヘアサイクルの成長期に関与し、発毛を担当する「毛母細胞」を活性化させる働きを持っています。
女性の薄毛は、出産や加齢によるホルモンバランスの乱れの他さまざまな原因により、起こります。
これは自身でのKGF産生が難しくなると毛母細胞が働かなくなり、発毛不全、薄毛・抜け毛に至るためです。

従来の育毛剤は「KGF産生を促す成分配合」タイプが多いことに対し、infact® KIPスカルプヘアエッセンスステム+は「KGFそのもの」を「高濃度」で配合しています。
自身ではKGF産生が難しくなった毛根に、KGFを「補充」することで頭皮や毛髪をすこやかに保ちます。

 

頭皮の「糖化」による抜け毛を抑制

糖化とは、体内のタンパク質と余分な糖が結びつき、老化の原因となる物質を生成してしまうことを言います。最近では、頭皮の老化にも大きく影響を与えていることが分かっています。

糖化のイメージ

食パンは加熱により糖とたんぱく質が結合し、焦げて硬くなります。(=糖化)
皮フや頭皮にも糖化により同様のことが起こります。

糖化による頭皮への影響

  • 毛包周囲の皮膚が硬くなり、抜け毛や切れ毛が増える
  • 新しい毛を生成する力が衰える
  • 毛髪内のたんぱく質が変化し、ツヤ・コシが失われる

infact® KIPスカルプヘアエッセンスステム+は、頭皮の抗糖化に作用する原料(プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス)を配合。糖化による抜け毛の予防(毛包の保護&機能増強・ヘアサイクルの正常化・毛髪の頭皮への結着強化)に効果を発揮します。

 

IGFや馬プラセンタなど8種の有効成分を配合

KGFの他にも、成長因子をはじめとする各種有効成分をバランス良く配合。
薄毛や抜け毛などの髪トラブルを防ぎ、毛髪にハリ・コシを与えます。

 

IGF(インシュリン様成長因子)

成長ホルモンに似た働きをする成長因子。

馬プラセンタ(Placenta)

毛髪の成長に欠かせない栄養分(アミノ酸、ビタミン類、ミネラル類)を豊富に含み、毛根の機能を高め、脱毛を予防。健康な毛髪を育てます。

植物性の有効成分6種
(オタネニンジンエキス、ゆず果皮油、ボタンエキス、エンメイソウエキス、フユボダイジュ花エキス、トウガラシエキス)

頭皮の酸化・炎症を抑え、血行を促進。頭皮環境を整え、毛母細胞を活性化させます。

幹細胞培養液エキス

加齢等で減少する細胞以外のマトリクス(コラーゲン、エラスチン、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど)も含有しており、細胞と環境両方同時に改善できることで肌の若返りを促進します。

マジョラムエキス

毛髪の成長や黒い髪の維持に不可欠な17型コラーゲンの分解減少を食い止め、毛髪の成長を促進し、白髪化を防ぐ効果が期待できます。

 

他にも

ベタつかない・さらりとした使い心地

朝晩2回の使用を目的に作られているため、多くの育毛剤にありがちなベタつき感がなく、お出かけ前のスタイリングを邪魔しません。

頭皮の気になるニオイを消臭

配合されているカキタンニンが頭皮のいやなニオイを防ぎます。

 

使用方法

朝晩2回、スタイリング前や洗髪後の清潔な頭皮にご使用ください。

塗布

使いやすいスプレータイプです。気になる部分に塗布。
※容器の先を、直接頭皮につけないでください。

マッサージ

指の腹を使って、やさしくマッサージするようにもみこんでください。

 

組合せ治療による相乗効果

薄毛を治療する薬は、それぞれ効果の得意分野があります。そのため、これらの外用薬と併用することで、より効果を実感しやすくなります。

おすすめ内服薬

おすすめヘアケア

 

プレミアムグロースファクター再生療法との
併用でさらなる効果を発揮

プレミアムグロースファクター再生療法は頭皮へ直接発毛促進因子を導入する毛髪再生治療です。
このグロースファクター再生療法と併用してinfact® KIPスカルプヘアエッセンスステム+によるホームケアを行うことで、相乗効果が期待できます。

 

副作用情報

主な副作用として、血流促進による頭皮の赤み、痒みが報告されています。症状が長期間続く場合は早めに当院医師へご相談ください。
悪性腫瘍の既往がある場合、成長因子を用いた治療により腫瘍を増大させる可能性があるとされています。
(当院の治療でそのような報告は現在ありません)
悪性腫瘍の既往がある方は、事前に必ず医師にご報告ください。
妊娠の可能性がある場合や妊娠中、授乳中の方への治療は行っておりません。必ず医師にお伝えください。

 

infact® KIPスカルプヘアエッセンスステム+の
料金・費用

1本(110ml)(約1ヶ月分)
18,000円
(19,800円)

※()内は税込みの金額です。

施術料金をみる

お電話での
お問合せ
0800-111-3174
電話受付[9:30-20:00]   夜間[20:00-23:00]
自動音声対応[23:00-9:30]
※20時以降は新規予約のみ

クリニック案内

[ Clinics ]

全国10院で治療が可能

美容クリニックとして、1993年の開院から20年以上、さまざまなお悩みの治療を行っています。 豊富な実績と確かな技術で多くの患者さまに選ばれています。
クリニック紹介
電話予約 カウンセリング
予約・相談
LINE予約