【女性】毛髪治療サポート漢方

監修医師

聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎

聖心美容クリニック
鎌倉 達郎 統括院長

プロフィールを見る
資格/所属
  • 日本美容外科学会(JSAS)理事長
  • 公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授
  • 一般社団法人日本ルックスケア医学会 副理事長
  • 公益社団法人国際化粧療法協会 理事
  • 第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
  • IMCAS World Scientific Committee 2017,board member
  • IMCAS ASIA 2015,2016 Scientific board member
  • IMCAS ASIA 2010 Faculty
  • AMWC JAPAN 2022 Advisory board menber
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本美容外科学会(JSAS)会員
  • 日本美容外科学会(JSAS)専門医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本再生医療学会 再生医療認定医
  • 日本臨床抗老化医学会会員
  • 日本外科学会会員
  • 日本外科学会認定医
  • 日本美容外科医師会会員
  • INAMED ACADEMY認定医
  • Corneal社公式認定医(日本第1号)
  • オバジスキントランスフォーメーション認定医
  • マクロレーン™認定医
  • レスチレン認定医
  • 日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
  • ミラドライ認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボラックスXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボライトXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医
  • ボトックスビスタ認定医
経歴
1989年
宮崎医科大学医学部卒業 九州大学生体防御医学研究所附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務
1990年
九州大学医学部附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務 その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任
2000年
優れた実績を評価され聖心美容外科に招聘 東京院副院長就任
2001年
福岡院院長就任
2003年
聖心美容外科東京院院長就任
2004年
聖心美容外科統括院長就任
2015年
第104回日本美容外科学会会長に就任
2017年
公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授に就任

専門医が処方する漢方で、
女性の毛髪治療を強力にサポート

当院では、老化や精神的ストレス、栄養バランスの崩れなど、さまざまな原因で起こる女性の抜け毛改善に効果的な漢方の処方を行っています。
西洋医学だけでは改善が難しい症状を東洋医学が補い、より効果的な発毛・育毛効果を促します。

薄毛や脱毛症にお悩みの女性で、このような症状がある方には特におすすめです。

  

東洋医学の体質診断で、あなたに合った漢方を処方

聖心毛髪再生外来で使用する問診票には、爪の状態や身体の冷えやのぼせ、こむらがえりの有無など、一見毛髪の治療とは関係なさそうなことがらについても質問が並んでいます。

これは、東洋医学的な観点から身体の変化の一端を知ることを目的としているためです。
漢方薬の処方には、症状の他に全身の状態や気血水の過不足など全体の見極めを踏まえ、処方を決定する必要があります。
そのため、鼻炎の薬のように「この症状の時はこの薬」という一対一の対応はありません。また、女性の薄毛を誘発させる原因は多岐にわたるため、薄毛・脱毛症の漢方と言っても、実に様々な組み合わせが発生します。その見極めには、専門医による診断が必要となります。


頭皮の血流改善やストレスの緩和、栄養バランスの改善など東洋医学的な観点から、他治療との相乗効果をはかります。

  

組合せ治療による相乗効果

毛髪サポート漢方と他の内服・外用薬と併用することでより効果を実感しやすくなります。

おすすめ内服薬

  

処方までの流れ

ご予約

カウンセリングは無料です。お気軽にご予約ください。

来院~カウンセリング

ご来院いただきましたら、プライバシーが確保された待合室へご案内いたします。その後、問診票にご記入いただきます。

弁証論治に基づいたカウンセリング

四診とは…東洋医学の主体となる診断法。以下の4つで構成されます。

  • 問診(もんしん)…身体状況、既往歴、病状などから診断する方法
  • 聞診(ぶんしん)…声や呼吸音などを聞いて診断する方法体臭や口臭などの臭いで診断する方法も含まれる
  • 望診(ぼうしん)…顔や全身、皮膚、舌の状態など体を見ることで診断する方法
  • 切診(せつしん)…触診やお腹のハリ具合、脈などから診断する方法

処方

薄毛の原因や症状に合わせた漢方薬を処方します。

体質を見極めず、むやみに漢方薬を服用するのは危険です

市販の漢方薬は、口コミや自己判断で気軽に購入できる一方、本当に身体に良い(合っている)のかが、専門知識を持たない方にとっては不明確です。
漢方薬には副作用が無いと思われがちですが、間違った使い方をすると副作用があり、体調を悪化させてしまう可能性があります。
必ず医師や経験の深い薬剤師の診察を受け、適切な漢方を服用することをお勧めします。

  

服用の際の注意事項

  • 効果の出方には個人差がありますが、2週間で何らかの変化が期待されます。
  • 変化の有無・内容をふまえ、処方内容を検討します。およそ2か月で初期の目標が達成できているか評価を行い、次の目標を設定します。
  • 目標達成のためには、処方が年単位に及ぶこともあります。
  

副作用情報

漢方薬は、使用方法が適正であれば基本的に安全なお薬です。
ただし、処方ごとに注意すべき点が異なりますので、処方時に「くすりのしおり」をお渡しします。
※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

   料金をみる
お電話での
お問合せ
0800-111-3174
土日祝も受付・20時以降は新規のみ
[ 9:30 - 23:00 ]

クリニック案内

[ Clinics ]

全国9院で治療が可能

美容クリニックとして、1993年の開院から20年以上、さまざまなお悩みの治療を行っています。 豊富な実績と確かな技術で多くの患者さまに選ばれています。
クリニック紹介
電話予約 カウンセリング
予約・相談
LINE予約