AGA治療にかかる費用について

監修医師

聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎

聖心美容クリニック
鎌倉 達郎 統括院長

プロフィールを見る
資格/所属
  • 日本美容外科学会(JSAS)理事長
  • 公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授
  • 一般社団法人日本ルックスケア医学会 副理事長
  • 公益社団法人国際化粧療法協会 理事
  • 第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
  • IMCAS World Scientific Committee 2017,board member
  • IMCAS ASIA 2015,2016 Scientific board member
  • IMCAS ASIA 2010 Faculty
  • AMWC JAPAN 2022 Advisory board menber
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本美容外科学会(JSAS)会員
  • 日本美容外科学会(JSAS)専門医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本再生医療学会 再生医療認定医
  • 日本臨床抗老化医学会会員
  • 日本外科学会会員
  • 日本外科学会認定医
  • 日本美容外科医師会会員
  • INAMED ACADEMY認定医
  • Corneal社公式認定医(日本第1号)
  • オバジスキントランスフォーメーション認定医
  • マクロレーン™認定医
  • レスチレン認定医
  • 日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
  • ミラドライ認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボラックスXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ボライトXC認定医
  • ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医
  • ボトックスビスタ認定医
経歴
1989年
宮崎医科大学医学部卒業 九州大学生体防御医学研究所附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務
1990年
九州大学医学部附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務 その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任
2000年
優れた実績を評価され聖心美容外科に招聘 東京院副院長就任
2001年
福岡院院長就任
2003年
聖心美容外科東京院院長就任
2004年
聖心美容外科統括院長就任
2015年
第104回日本美容外科学会会長に就任
2017年
公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授に就任

TVCMなどの影響もあり、「AGAは病院で治療ができるもの」という認知が進んできました。
いざ、AGA治療を始めようと思った際、気になるのが治療にかかる費用です。
このページでは、AGA治療にかかる費用(治療費)について、解説します。

AGA治療の費用は保険適用されない?

AGA治療は一部の例外を除き、自由診療なので、保険は適用されません。
治療費は、全額自己負担になります。これは、AGA治療を専門で行っている病院、一般の病院や皮膚科どこでも一緒です。
これは、AGA治療が厚生労働省が定めた医療保険の適応外(=美容整形などと同じ分類で、命に関わる治療ではない)とされているためです。

そのため、費用の面で躊躇してしまい、治療開始が遅れてしまうケースが多々ありますが、AGA治療で最も重要なのは、早期に治療を開始することです。
早期に治療を開始することで、全体的な治療費も抑えることができ、結果的には満足のいく治療が受けることができます。

  

AGA治療はどこで受けるのが良い?
かかる費用の目安は?

AGA治療を始めようと思った時、病院や育毛サロンなどいくつかの選択肢があり、かかる費用、受けられるサービスや診療内容が異なります。また最近では、AGA治療薬を個人輸入するケースなども増えています。
ここでは、それぞれのメリットやデメリット、費用の目安について比較していきます。

① 育毛サロンで行えるケアの内容と費用

ケアの内容

頭皮のクレンジングやマッサージ、シャンプーの販売など。

◯メリット

頭皮環境を健康に保つための方法を知ることができる。

×デメリット

サロンによっては費用が病院より高額になることも。医療行為ができないため、AGA治療薬の処方など医学的根拠のあるAGA治療は受けられない。

月にかかる費用の目安

5,000円~数十万円

② AGA治療薬を個人輸入した場合の治療内容と費用

主な治療内容

個人輸入したAGA治療薬(プロペシア(フィナステリド)ミノキシジルタブレットなど)の服薬。

◯メリット

内服・外用薬によるAGA治療を安価に始められる。

×デメリット

医師の処方を伴わないため、服薬については全て自己責任で行う必要がある。
万が一の副作用や不具合が起きたときの対処が困難。
効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている可能性など保健衛生上のリスクが大きい。

月にかかる費用の目安

2,000円~10,000円

③ 一般の病院・皮膚科で行える治療内容と費用

主な治療内容

プロペシア(フィナステリド)の処方。

◯メリット

医師による診察を受けられるので安心。処方される薬剤が決まっており、費用が分かりやすい。比較的安価にAGA治療を始められる。

×デメリット

決まったAGA治療薬の処方のみのため、充分な治療効果を得られるか分からない。

月にかかる費用の目安

7,000円~15,000円

④ AGA治療専門の病院で行える治療内容と費用

主な治療内容

プロペシア(フィナステリド)ミノキシジルなどAGA治療薬の処方。必要に応じて、注入療法や自毛植毛などの治療も行う。

◯メリット

発毛専門医によるカウンセリングで、AGAの進行や症状に合わせた適切な治療が受けられる。

×デメリット

治療にかかる費用が、一般の病院に比べると若干高額。

月にかかる費用の目安

7,000円~30,000円(※AGA治療薬処方のみの場合)

   

AGA治療専門の病院で行われている治療は、大きく分けると、①内服薬処方 ②外用薬処方 ③注入療法 ④植毛 の4つに分類され、病院によって受けられる治療とかかる費用が異なります。

  

 聖心毛髪再生外来で行われているAGA治療

内服薬処方

プロペシア(フィナステリド) ミノキシジルタブレット など

外用薬処方

KIPスカルプヘアエッセンス など

注入療法

プレミアムグロースファクター再生療法

自毛植毛

ロボットアーム植毛

中でも基本となるのは、AGAの進行を抑制するプロペシア(フィナステリド)と、血管を拡張させ、発毛を促す作用のあるミノキシジルの処方です。
AGA治療は、これらの治療を症状の原因や進行状況によって組み合わせて行います。

早期であれば、内服・外用薬による治療で十分な効果を得られますが、AGAが進行している場合は、注入療法や自毛植毛などと組み合わせて治療をするケースがあります。もちろん、組み合わせる治療の数が増えれば、それだけ費用もかかります。

費用を抑えて治療を行いたい場合、一般の病院や皮膚科でAGAの進行を抑制する内服薬プロペシア(フィナステリド)を処方してもらうという選択肢もあります。しかし、これはあくまで症状の進行を遅らせ、現状維持を図るための治療です。

聖心毛髪再生外来では、AGAの進行を抑制したり、今ある髪の毛を太く抜けにくくするための育毛だけではなく、抜け落ちた髪の毛を再生し、本来の姿を取り戻すための「発毛」を目的に治療を行っています。
治療の効果を実感するためには、専門医のもと、症状に合わせた治療を行っていくことが重要です。気になる費用についてもきちんとお答えします。お気軽にご相談ください。

無理のないAGA治療をご提案します。

AGA治療は、地道な治療による長期戦です。聖心毛髪再生外来では、患者様のライフスタイルに合わせた無理のないAGA治療をご提案いたします。

AGA治療について詳しく見る
電話予約 カウンセリング
予約・相談
LINE予約